<   2018年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧

10月のQSLカード

10月に届いたQSLカード、そんなに多くはありませんでしたが、
今回も富士山のカードがありました~。
d0177570_22570555.jpg

まずは、1エリア各局から~。
d0177570_22583466.jpg
いろんなところから富士山は見えるんですね~。
d0177570_22585495.jpg
次に2エリア各局~。
d0177570_22591621.jpg
こちら、ドクターイエローとのコラボとは素晴らしい~!
d0177570_22594108.jpg
自宅からみた富士山というカードもあって、うらやましい限り~。
来月末には1エリアへの出張がありますが、
果たして富士山は見えるのでしょうか~!?






by musenbiyori-0 | 2018-10-31 23:05 | ラグチュー | Comments(2)

くじゅう黒岩山移動運用

黒岩山の紅葉のつづき~、山頂にて涌蓋山から阿蘇の展望です~。


山頂にて牧ノ戸峠で買った山賊むすびを絶景をおかずに美味しくいただき、
標高1506メートルからの移動運用はFT-70Dとホイップアンテナ~。

CQを出すと、佐賀県有田町、大分市、由布市、山口県下関市、光市からコールいただきました。
おなじみさんからもお声がけいただきましたが、最近は、折角の移動運用を楽しんでください、
と早々にファイナルを送られる方が多く、皆さんのお心遣いはうれしいものです~。

時間に余裕があれば、もっと多くのもっと遠くの局ともQSOできたと思います。
残念ですが、下山にかります~。
d0177570_07111067.jpg

おのずと素晴らしい景色を楽しみながらの下山となります。




リンドウもあちこちにたくさん咲いていました。


阿蘇方面~。


下りて来た黒岩山を振り返ります。


周りの紅葉~。


星生山(左)~。


ズームで見事な紅葉~。


牧ノ戸峠はすぐそこです。


さっきまでの静けさがうそように賑わう牧ノ戸峠~。


牧ノ戸峠のソフトクリーム~、半分紅葉(笑)。


長者原から歩いて牧ノ戸まで1時間ちょっとかかりましたが、帰りはバスで時間短縮を図ります。


車窓から大曲付近を撮影~、バスなら牧ノ戸から長者原まではわずか10分。


長者原でバスを下車したあとは、クールダウンを兼ねて再びタデ原湿原を周回~。


西日に照らされて美しい三俣山~。


ガスや通行止めで出遅れたが、黒岩山が絶景と紅葉で迎えてくれて大満足のトレッキング終了~!


追伸

「どうして皆さんここに来ないのでしょうか。」と前回書きましたが訂正します。

黒岩山はくじゅうには珍しい静かな癒される山でした。

みなさん来ないでください(笑)~。





by musenbiyori-0 | 2018-10-28 07:24 | アウトドア | Comments(0)

くじゅう黒岩山の紅葉

牧ノ戸峠からは、未踏の黒岩山へと向います~。


右手に三俣山が現れます。


ズームで紅葉を確認~。


三俣山(左)と星生山(右)のコラボ~。


左手には、阿蘇の根子岳など~。



この斜面を登りますが、ここから山頂は見えていません。



紅葉の斜面~。


いま来た牧ノ戸峠(中央)を振り返る~。


阿蘇もよく見えています。



色彩のグラデーションが美しい~。


星生山、扇ヶ鼻など~。


名残りのマツムシソウ~。


さらに高度をあげていきます~。


蒸気は八丁原地熱発電所方面~。



泉水山との分岐、ここまでくれば黒岩山はもうすぐです。


山頂目前~、岩上の男性で登山情報誌のような感じの画になりました。


そして黒岩山に到着~、標高1502メートルと、くじゅうの名峰よりやや低め。


三俣山から星生山までしっかり見えて、まさにくじゅうの展望台です。

くじゅう黒岩山からの眺望




この辺り、紅葉のベストタイミングと言ってもいいのではないでしょうか~。




狭い山頂は紅葉で覆われています。


くじゅうの名だたる山々と違い、紅葉シーズンにも関わらずとっても静かな山頂です。


星生山から扇ヶ鼻、赤い斜面が見えます。


手前に泉水山、遠く由布岳と鶴見岳(中央)~。


九重夢吊大橋が小さく見えます。


涌蓋山、雷雲と競争して下山した思いで深い山です。


大パノラマの絶景が広がる黒岩山、どうして皆さんここに来ないのでしょうか~。


山頂からの無線ネタは、次回につづく~。




by musenbiyori-0 | 2018-10-27 21:12 | アウトドア | Comments(0)

くじゅう九州自然歩道

くじゅう長者原から高い山は、ガスがかかっていました。


とりあえず天候回復を祈りながら、タデ原湿原からのんびりスタート~。


そのうち半分青いとはいきませんが、少しずつ青い空ものぞいてきました。


ヤマラッキョウ~。


タデ原湿原の長者原自然研究路を歩く。


樹林帯へ~。


ツルシキミの群生~。


いい感じの林です~。


ぼちぼち紅葉も見られました。


天気が良ければもっと鮮やかな紅葉のはずでちょっと残念~。


長者原自然研究路から九州自然歩道へと歩いて行く予定でしたが、スズメバチにより通行止め~。

やむなく長者原のスタート地点まで戻って来ましたが、これもガスと同様に想定外のことでした。


気を取り直して再スタート、九州自然歩道を歩いてまずは牧ノ戸峠をめざします。


しばらく、やまなみハイウェイに並行して歩き、道路を横断~。


やまなみハイウェイのガードの外を歩くところもあります。


山はいい色です~。


時々、林の中に日差しが届くようになってきました。


紅葉と黄葉~。


紅葉のコラボ~~。


車道では長者原と牧ノ戸峠では高低差を感じますが、九州自然歩道は思ったほど登りがなく拍子抜けでした!


牧ノ戸峠にとび出します~。


紅葉が美しい牧ノ戸峠~。


ここはくじゅう一番の人気、久住山への登山口~。


当然ながら多くの人と車で大混雑!、これまでの静かな山歩きがうそのようです。


とてもいい紅葉タイミングに来れたこと、そしてガスも晴れてきて感謝~!


牧ノ戸峠にある九州自然歩道の案内図~。


ここからは、北にある未踏の黒岩山山頂をめざして登って行くことに~。

つづく~。



by musenbiyori-0 | 2018-10-26 23:55 | アウトドア | Comments(0)

久住高原から阿蘇展望

大分県の久住高原から阿蘇を展望~。
d0177570_23403067.jpg

こちらは、ズームで阿蘇五岳の根子岳です。
d0177570_23410126.jpg
久住高原から阿蘇を望む感動の絶景~!
d0177570_23425542.jpg
こちらは、早朝風景です。
d0177570_23440891.jpg
ちなみに、大分県竹田市の国民宿舎から2mにて熊本市固定局に、
QSOいただきました~。












by musenbiyori-0 | 2018-10-24 23:48 | アウトドア | Comments(0)

秋吉台西の西山

秋吉台のつづき~、さて、御鉢山から家族旅行村と西の西山の分岐までやって来ました。


ここから家族旅行村へ戻るところですが、急遽西の西山まで足を伸ばすことにしました。


アキノキリンソウ~。


ここで下に見える妙見原から上がって来るルートと合流します。


西の西山山頂はあの道のまだ先~!


のぼれのぼれ。。。


ヨメナ~。


高度をあげていきます。


いま来た御鉢山(左)と龍護峰(右)が見えたら山頂はもうすぐです。


標高398メートルの西の西山到着~。


西の西山からの眺望~。


ハギとクマバチ~。


つぼみはいくつか見ましたが、やっと見つけた開花したリンドウ~。


御鉢山(左)が見える分岐まで再び戻ってきました。


ここからは樹林帯を歩いて、家族旅行村へと戻るだけです。


秋の山野草はこれからが本格的なシーズン、楽しみに秋吉台を歩いてみてはいかがでしょうか~。




by musenbiyori-0 | 2018-10-17 22:18 | アウトドア | Comments(0)

秋の秋吉台龍護峰

秋の秋吉台を歩いてきました。まずは家族旅行村から龍護峰へと向かいます。


樹林帯を抜けるとススキ輝く秋の草原です。


めざす龍護峰が見えてきました。


ちなみに、この日は「秋吉台カルストトレイルラン」開催中~。


秋吉台の西端、標高425メートルの龍護峰は秋吉台最高峰~。

2mと430でCQを出しましたが見事空振り~、秋吉台はこれで何連敗でしょうか!


素晴らしい眺望に思わず撮りたくなりますよね~。


歩いて登るのもやっとなのに走って上るとはっ、みなさんの元気が素晴らしい~!


東に御鉢山を望む~。


遠く、山口市の大海山や火の山連峰がのぞいています(左)~。


前方は御鉢山~。


御鉢山から西にある龍護峰を振り返る~。


御鉢山から東の眺望~。



左手には西の西山が見えます~。


名残りのサイヨウシャジン~。


振り返ると御鉢山~。


御鉢山から東へと快適ウォーキング~。


山焼きの名残りの木~。


「ススキに鳥」って花札はなかったですねぇ~。


ヒメヒゴタイ~。


つづく~。





by musenbiyori-0 | 2018-10-16 22:17 | アウトドア | Comments(2)

鷲羽山から吉備路へ

倉敷市の美観地区のあとは鷲羽山へ向います。


鷲羽山から瀬戸大橋を展望~。


以前来た時はハンディ機で何局かQSOしましたが、今回は時間的余裕がありません。


左手は四国の坂出市~。



ぼちぼち西に日が傾いてきました。


下津井へ移動するといよいよ夕景~。


ホテル前から瀬戸内海に沈む夕日~。


瀬戸大橋瀬戸中央自動車道~。


ホテルから丸亀市の8N5LEN/5、そして岡山の浅口市固定局とQSO~。

そして下津井の夜は明けて早朝の水島方面~。


多島美の瀬戸内海、水島灘~。


朝からたくさんの船が瀬戸内海を行き交う~。


さて吉備路、まずは吉備津神社~。


室町時代に再建された国指定重要文化財の門、屋根にも歴史を感じます~。


360メートルもあるという長い回廊~。



本殿、拝殿は国宝だそうです~。


釜を炊いて鳴る音で吉凶を占う鳴釜神事は有名ですよね~。


御朱印もいただきました。


次は備中国分寺へ向います~。


写真では何度もみた景色ですが初めて現地へ、周囲の風景とつくりだす独特の景観は素晴らしいですね~!


五重塔は高さ34メートル、国の重要文化財だそうです。


山口の瑠璃光寺五重塔より1メートル高い~。




御朱印をいただき、岡山県をあとに家路を急ぎます~。

山陽道は連休の混雑でしばしば60キロ走行、ともあれ無事に帰宅できました~。




by musenbiyori-0 | 2018-10-14 19:26 | ラグチュー | Comments(2)

続・倉敷美観地区散策

倉敷美観地区散策の続き~、目的地のひとつ倉敷民藝館を見学。


建物は米蔵だったとか~。


近くの日本郷土玩具館、こちらも目的地のひとつで柚木沙弥郎氏の型染絵が店頭に飾られていました。

ちなみに、いい型染絵もゲットできたのでいずれまたアップしましよう~。


さて、倉敷美観地区の倉敷川の北側にある本町通り~。


こちらもカフェや雑貨屋さんなどが軒を連ねています。


そして、こちらにも観光客が押し寄せています。



ここから阿智神社へ。


階段を上る~。


61段の還暦坂~。


通りの賑わいがうそのような静寂の空間~。



阿智神社は福岡の宗像三女神を祭神とする交通安全などの神さま~。


七五三などの参拝者~。


倉敷美観地区を一望~。


この阿智神社も目的地のひとつ、交通安全ステッカーはどこのも味気ないですが、この神社のものは

宗像三女神にちなんでかとても上品です。連れの愛車を飾ってきましたが古くなり汚れてしまいました。


で、今回また新しいステッカーをゲットできて目的を達成~。御朱印もいただくことができました。


ちなみに、美観地区のレトロな喫茶店「倉敷珈琲館」でいっぷく。


紅い扉が印象的なコーヒー専門店です。


赤レンガが印象的な店内、そしてこのミルク入れがなんともいいですね。

自家焙煎のコーヒーも美味しくいただきました~。





by musenbiyori-0 | 2018-10-12 23:18 | ラグチュー | Comments(0)

倉敷美観地区散策

三連休初日、台風25号が足早に去って行ったので、二日目に急遽山陽道をかっとばして(軽四で)倉敷へ~。


久しぶりの美観地区、柳並木が見事です。


白壁と柳並木が独特の雰囲気をかもし出しています。


人力車もまち並みにマッチしてます。


そして着物姿がまちを彩っています。



倉敷川と小舟、風情のある風景~。



感動的な造形の松の枝ぶり~。


なかなかどうして路地もなかなかいいですね。


足元には路地の花、実~?


空を見上げると、山口ゆめ花博から帰りのブルーインパルスでしょうか~?


大原美術館へ向かいます。


大原本邸~。



美観地区の中核、大原美術館~。


もちろん名画は撮影できません~。


睡蓮の池~。


モネの絵のような睡蓮は、そうタイミングよく咲いてはいません。


大原美術館前にふさわしい素敵な佇まいの「亀遊亭」さん。


お客さんファーストのおもてなしとやさしい味の老舗洋食店でした。


倉敷散策はつづく~。




by musenbiyori-0 | 2018-10-10 22:57 | ラグチュー | Comments(0)