<   2018年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧

桜満開の一の坂川

山口市の一の坂川~。


まずは朝の風景~。


国宝瑠璃光寺五重塔の塔(中央)が見えます。


さて、午後の一の坂川は満開の桜~。


では、しばしご覧ください~。




















今年はタイミングよく満開を満喫できました~。




by musenbiyori-0 | 2018-03-31 23:59 | やまぐち | Comments(0)

平原岳へ


最近ご無沙汰の宇部市、小野地区にある平原岳へ行くことに~。


とりあえず上りは右へ、下りは左手から降りて来る予定です。


気がついたらヒノキに囲まれてました。この日、点鼻薬のみでアレルギーの薬は飲んでませんでした。


急登~!でも写真が撮れるだけまだましです。


よくあるとおり何か所かのピークに騙されながらもやっと頂上~。何年ぶりでしょうか!?


標高395メートルの平原岳山頂、中央にある桜はまだ蕾でした~。


山口湾方面、せっかくの眺望ですが春霞でイマイチ~。


周防大橋(左)、きららドーム(右)をズーム~。


火の山連峰~。


2mで長崎県諫早市移動局、愛媛県砥部町特別記念局、光市移動局、

そして、山口市のローカルさんとQSOできました。


下山は観音岩コース、ここまでの下りは写真を撮る余裕すらない激!下りでした。


小野湖(左)、荒滝山(右)~。


激急坂から無事下山できて感謝の気持ちで平原岳を望む~。


途中の分岐で棯小野からの登山コースもあることが分かりました~、いずれまた。




by musenbiyori-0 | 2018-03-27 23:17 | アウトドア | Comments(0)

向島から大平山へ


本日、防府市の向島へ早咲きの蓬莱桜を観に行ってきました。


向島小学校の校庭にあるこの桜、早咲きとあって花はすでにだいぶ散っていました。


根まわりは4メートル超え~。


みごとな桜です。


タイミングはギリギリセーフ~。


間に合ってラッキー。


そういえば、確か去年もピークが過ぎて来ました~。


これでも十分見応えがあるので、ピークにはどんだけ~!


ちなみに、校庭の端にひっそりとあったソメイヨシノは、まだつぼみでした。


こちらは二代目の蓬莱桜~。


さて、お花見が終わって大平山行き、山頂駐車場から頂上までは徒歩5分です。

d0177570_23044635.jpg
三角点↑、標高631mの山頂標識↓~。
d0177570_23050366.jpg
さっき蓬莱桜を観た向島(遠くやや右)を望む~。
d0177570_23051555.jpg

防府市街を展望~。
d0177570_23085527.jpg
FT-70Dとホイップにて2mでCQを出すと熊本県菊池市固定局が59で入感~。
また、下関市長府のおなじみさんも59でお声がけいただきました。

下山途中に見えた周南市街(左)~。
d0177570_23060783.jpg
遠く徳山湾と太華山、粭島そして大津島(手前)~。
d0177570_23062970.jpg
風景は霞んでいたのが残念でした~。



by musenbiyori-0 | 2018-03-24 23:23 | アウトドア | Comments(0)

小浜山へ

天気がいいと海が観たくなる~、というわけで眺望がいい小浜山(左)へ。


山口市秋穂八十八か所巡りの札所、大昌寺に登山口がありますが、車は赤崎神社裏の空地へ駐車~。


登山道は雑木林歩き~。


急登を登りきると標高181メートルの小浜山の頂上、火の山連峰(中)、大海山(右)~。


西にきららドーム(左)、椹野川の河口など~。


草山(中)、串山(右)など~。


周防灘を隔てて九州の山々が見える。


左に、大分の鶴見岳と由布岳~。


南側直下は瀬戸内海~、遠くに大分の姫島(右)も見えます。


東に防府市のマツダ西浦工場(左)など~。


瀬戸内海の大海原~、って以前もこんなこと書いたような~。遠くにうっすらと祝島(右)~。


遠くまで展望がきき、海を観に来たのは正解でしたね。


北に佐波川河口、楞厳寺山(左)、右田ヶ岳(中)矢筈ヶ岳(右)など防府の名峰がずらり~。


大海山と大海湾、遠く東鳳翩山(中やや右)~。


福岡県宗像市、遠賀郡、大分県中津市、県内は岩国、周南、山陽小野田市、下松、美祢など、

各局さんと145MHzでQSOできました~。

低山ながらも、やはり海辺のロケーションは抜群ですね~。



ちなみにこの小浜山、ふるさと富士では大海富士、FCS48です。







by musenbiyori-0 | 2018-03-23 21:38 | アウトドア | Comments(0)

蕎麦ヶ岳へ

蕎麦ヶ岳恒例の山開き、今年からは開催されなくなりました~。


しかし、標高556メートルの山頂には~!


山開きはなくても登山道は整備される地元の皆さんの姿~。ジュースもいただきました。


おかげで登山道は快適に歩けて、ただただ感謝です~!


山口市内の展望~、宮野方面↑、大内方面↓、ただ春霞みで眺望イマイチ~。


湯田温泉方面を望遠で~。


折角なので2mでCQを出して、下関市固定局と山口市内のおなじみさんとQSOできました。

しかし、山頂はあまり広くない上、登山者や地元の方で賑わってきたので早々にQRT~。


こちらは山口市仁保一貫野、左手の民家あたりが登山口です。


登山口への下山後も、次々に登山者が上って行かれました。


手軽に登れる人気の山~、地元の方の登山道整備も人気の要因ですねっ!

ちなみに明日は、山開きに代わるイベントが道の駅仁保の郷で開催されるとか~。






by musenbiyori-0 | 2018-03-20 22:52 | アウトドア | Comments(0)

アフリカ好調

今朝は、アフリカ中部のTY、TJ、TNなどDXペディション組が14MHzで入感していました~。
d0177570_19073200.jpg
そのうち、TN(コンゴ)はノイズレベルの方が高く聞えませんでしたが、
TJ3TT(カメルーン)は強力に入感していてゲットできました~。
d0177570_19243326.jpg
ちなみに、このQSOはJSTの午前8時半という時刻~。
朝もこんな遅い時刻まで開いているとは、コンディションも良くなったんでしょうか。
d0177570_19133146.jpg
ちなみに、夕方もワッチはしてませんがTY、TJ,TNとTシリーズがクラスタにあがっていました。
アフリカ方面は好調のようですね~。





by musenbiyori-0 | 2018-03-18 19:21 | ホーム(ログ) | Comments(0)

青海島でウォーキング


先週末に長門市の青海島へウォーキングに~。


北長門海岸国定公園の絶景を眺めながらのウォーキングです。


あちこちにツバキあり~。


コースの東端からのスタートです。





海上アルプスとよばれています~。





海岸にそってツバキの遊歩道が続きます~。



日本海の荒波が打ち寄せます。





コース西端の終点、こちらからなら始点~。


北浦海岸ならではの物騒ポスター~。


ツバキは満開です~。

アップダウンも少なく絶景のおかげで疲れも感じない、およそ2キロのおすすめのコースです。






by musenbiyori-0 | 2018-03-17 19:55 | やまぐち | Comments(0)

原田侑子さんの「家族の音」

先日紹介した山口ゆめ花博イメージソングを歌っていた原田侑子さん、

近所にあるスーパーのPR「家族の音」も歌っていました~♪




スーパーでも流れているらしいですが、そういえば聴いたような~。

それにしても、子どもたちの会話は癒されますね。



by musenbiyori-0 | 2018-03-13 19:01 | やまぐち | Comments(0)

炭倉山へ

周南市徳山へ行くついでに、短時間で登れる山を探しました~。


で、炭倉山をチュイス~。標高518メートルの山頂まではゆるやかな登山道、30分もあれば到着。


しかしあいにくの曇天、見えるのは徳山湾~。


太華山から粭島方面~。


山頂は曇天なのに徳山市街には日が当たっています。


西には四熊ヶ岳~。



今回は試しにモービルホイップを使ってみましたが、威力のほどは?です。

西日本ハムフェア会場からの記念局、周南市のOMさん、大分市の固定局とQSO~。

d0177570_22372783.jpg

東側~、結局山頂にはほとんど日が当たることはありませんでした。


下山は15分そこそこで登山口へ到着~。


その後徳山市街から眺めた炭倉山方面~、やはり曇天ですっ!


そして、こちら徳山市街にはやはりお日さまが照っていました~。


by musenbiyori-0 | 2018-03-10 22:42 | アウトドア | Comments(0)

山口ゆめ花博イメージソング

この秋開催される「山口ゆめ花博」開会まであと191日~。


先日、「山口ゆめ花博」イメージソングが発表されました。





地元で活躍する原田侑子さんの歌「ゆめの種」~、みんなで蒔きましょう!


この秋は「山口ゆめ花博」~、みんなで行きましょう!





by musenbiyori-0 | 2018-03-07 22:54 | やまぐち | Comments(0)