カテゴリ:かんきょう( 7 )

クリーンキャンペーン

きょうの椹野川(ふしのがわ)、夕方の風景です~。


山口盆地を貫流して瀬戸内海へと注いでいます。


7月は河川愛護月間です。椹野川にも2週間前の大雨の痕跡が残っています。


けさは7時半からふしの川クリーンキャンペーンに参加しました。


豊かな水環境を保全することを目的に市民約500人が清掃活動を行いました。


協賛する地元の日本果実工業などから飲み物の差し入れもありました。

懐かしい「サイダー」をチョイス、スッキリとしたもも味が乾いたのどを潤しました。











by musenbiyori-0 | 2018-07-21 22:36 | かんきょう | Comments(0)

獺祭の里へ

連れのリクエストで獺祭の里、岩国市周東町へ~。
d0177570_19351055.jpg

静かな山あいに、静かに佇む小学校と近代建築~。
d0177570_1935254.jpg

ほのぼのとした光景~!
d0177570_19354022.jpg

旭酒造本社~。
d0177570_19355582.jpg

前回と同じアングルをまた撮ってしまいました。
d0177570_19361041.jpg

東京五輪の新国立競技場にもかかわる隈研吾氏設計の獺祭ストア~。
d0177570_19362271.jpg

リニューアルされた古民家です~。
d0177570_19364076.jpg

廊下~。
d0177570_1936511.jpg

さて、前回もレポした獺祭のもったいない、(こちらです)に賛同して土産をゲット~。
d0177570_1938291.jpg

米ぬかでつくったというバームクーヘン~。
d0177570_19384844.jpg

もちろん獺祭も買って帰りましたが、目当ての「等外」は丁度品切れで残念~!
ちなみに、これまで報告してませんでしたが、この「等外」、とても美味しかったです!
by musenbiyori-0 | 2017-03-26 19:40 | かんきょう | Comments(0)

獺祭のもったいない!

岩国市周東町の山あい~。
d0177570_23295267.jpg

ドカーンと建つのは、獺祭の旭酒造さん。
d0177570_2330218.jpg

県外から来た友人を連れて、土産話のタネにと訪問~。
d0177570_23314492.jpg

社屋には、見学予約をしていないと入れません~。
d0177570_2331312.jpg

でも、獺祭ストア(手前の屋根)は大丈夫です。
d0177570_23303884.jpg

獺祭だけでなく、お菓子やグラスなどがいろいろ並んでいます。
d0177570_23305443.jpg


ところで、日本にはむかしから「もったいない」の文化がありましたね。
祖父や祖母などは米の一粒も大切にしていました。
しかし、今や日本の「食品ロス」は年間約6百万トン、1人当たりの換算で1日おむすび2個分を捨てているとか~。
そしてこれは、世界の飢餓に苦しむ人に向けた食料援助量約3百万トンの2倍に相当するそうです。

ここ獺祭ストアには、捨てられる等級外の米、山田錦を使った獺祭「等外」があります。
d0177570_23325832.jpg

裏にはこのような記述が~。
d0177570_23331152.jpg

農家の皆さんが折角つくられたお米、一粒でも無駄にするのはもったいない~。

こちらのお菓子も、獺祭を磨きあげた米ぬかでつくってあるんでしょうね。
d0177570_23332617.jpg

食べられることに感謝し、食べられるようにする獺祭の「もったいない」に共感します~!

えっ、「等外」の味ですか~?もったいないので、まだ飲んでませーん。
by musenbiyori-0 | 2017-02-16 23:42 | かんきょう | Comments(2)

3Rを気にしましょう

3R(スリーアール)とは、ご存じ、リデュース、リユース、リサイクルの3つのアールのこと~。
一つめのR(リデュース)とは、物を大切に使い、ごみを減らすこと。
例としては、必要ない物は買わない、もらわないことなど
二つめのR(リユース)とは、使える物は、繰り返し使うこと。
例としては、いらなくなった物を譲り合うことなど
三つめのR(リサイクル)とは、ごみを資源として再び利用すること。
例としては、ごみを正しく分別することなど

さて、そんなリユースともいえる雑貨屋さん。
d0177570_21315814.jpg

美祢市厚保(あつ)の中国自動車道、美祢西ICの近くの「あつあつ」さんです。
d0177570_21322169.jpg

むかし風呂にあった↓、こちら再利用~?
d0177570_21323326.jpg

懐かしい日用品の数々~。
d0177570_21332323.jpg

リボンオレンジ、三ツ矢サイダーなどのコップ、以前我が家にもありました。
d0177570_21333516.jpg

でも、今は多分無いと思うので、捨ててしまったんでしょう。
d0177570_21341854.jpg

あれも、これもかつてうちにあったんですが、今いずこへ?
d0177570_21344420.jpg

存在感ある置時計~。これは、ありませんでした!
d0177570_2135880.jpg

昭和へタイムスリップ~!
d0177570_21353055.jpg

カフェの水も昭和のコップで出てきます。
d0177570_21354495.jpg

このスプーン懐かしすぎ~っ!
d0177570_21355491.jpg

外もやっぱり昭和の原風景~。
d0177570_21361292.jpg

心やすらぐ雑貨の数々を見ながら、勿体ないことをした~、と後悔。
持続可能なこれからの社会づくりのため、3Rを気にしましょう~!
by musenbiyori-0 | 2016-11-29 21:52 | かんきょう | Comments(2)

エコバックで~

新聞紙でつくったエコなバッグ~。
d0177570_22545629.jpg

公式な場所には微妙ですが、お得意様には話しのネタにもなります~!

ちなみに、バッグのつくり方はこちらをご覧ください~。
by musenbiyori-0 | 2016-07-06 22:56 | かんきょう | Comments(0)

リサイクル・コーヒーペットボトル

山歩きのお伴として欠かせないアイテムのひとつが、コーヒー!
冬場はカップコーヒーにお湯を注いでいただく、特にUCCの114が最高に美味~。

これからの夏場は、保冷水筒に冷えたコーヒーと牛乳を入れて持って行きます。
特に、AGFのブレンディボトルコーヒーが飲み比べた結果、個人的にはサイコー!
d0177570_22203416.jpg

と思っていたら、なんとやはりそれには理由があったんです~。

AGFは、ボトルコーヒーに煎りたてのおいしさを閉じ込めるため、
熱いままのコーヒー液をボトルに注ぎ込む「ホット充填」をしているとのこと。

また、水も鈴鹿山系などの森を源流域するものを取水して使用するなど、
中身にこだわった質の高いコーヒーの提供をめざしているという。

そして、地球に優しい再生耐熱PET樹脂100%のペットボトルの技術を開発、
石油由来原料を一切使用しない世界で初めての「完全循環型リサイクル」を実現~、
したとのこと。

さすが、MADE IN JAPAN~!
地球にやさしい、しかもおいしいコーヒーをいただきましょう~!
by musenbiyori-0 | 2016-06-02 22:22 | かんきょう | Comments(0)

きれいな花には~!

オオキンケイギク、ってご存知でしょうか~!?
この時期、黄色く道路を彩ってきれいに咲いている花です。
d0177570_2141559.jpg

ブルーインパルスを観に行った桑山にもありました。
d0177570_2141234.jpg

黄色いコスモスにも見えますが、実は特定外来生物として駆除が必要な植物なんです。
d0177570_21413511.jpg

コスモスは秋に咲きますし、葉のかたちがこのように違うので区別はいたって簡単~。
d0177570_21454416.jpg

きれいなので刈らずにわざわざ残してあったりしますが、実はとっても恐ろしいことに~。
  【環境省九州地方環境事務所HPより】
d0177570_21472266.jpg

というわけで、日本の固有の生態系を守るためには駆除しなければなりません~。
タンポポやツクシ、カエルなどがいなくなったらたいへんです~!
by musenbiyori-0 | 2016-05-28 21:51 | かんきょう | Comments(0)