カテゴリ:アウトドア( 588 )

横浜市港北区のホテルで移動運用

東京滞在中の仕事終わりのネタ~、まずは築地へ。


築地本願寺、インドの古代仏教建築をとり入れた建築だそうです。


浄土真宗に御朱印はない、と聞いていましたがやはり~。代わりにスタンプがありました。


そのお隣りは築地場外市場です。


築地場内市場は移転したとはいえ、場外市場は賑わっています。


折角なので海鮮丼をいただきました~。


築地からさらに少し歩くと浜離宮、徳川家の庭園です~。


紅葉が気になって来てみたのですが~。


少々期待はずれの紅葉でしたが、池に映った高層ビルは美しい光景~。


大都会のオアシスですね~。


再建された三百年前の御茶屋と近代建築、意外にマッチしていい感じ~。


夜は翌日に備えて新横浜へ移動、港北区のホテル37階からはみなとみらいが見えました~。


で、翌朝~。


朝日がみなとみらいのランドマークタワーを照らしています。




ちなみに、横浜市港北区からもFT-70Dと、この430MHzの3エレ八木で運用~。

元々5エレを百均で買った30センチ定規をブームにして並べた出張用です。

d0177570_23093300.jpg

2.5WQRPで運用しましたが、多くの方に呼んでいただきました。

横浜市が神奈川区・鶴見区ほかで7局、川崎市、横須賀市、

平塚市、高座郡、足柄上郡など12局とQSO~。


リクエストに応えて高層階を用意いただいた新横浜プリンスホテルさん有難うございました。








週末へつづく~
by musenbiyori-0 | 2018-12-07 23:32 | アウトドア | Comments(0)

文京区のホテルで移動運用

東京出張一日目、仕事が無事終わり霞が関から歩いて食事に向かいます~。(東京じゃあよく歩く!)


赤坂にある「にっぽんの洋食津つ井」で名物ビフテキ丼、ゆったりとした空間で美味しくいただきました。

d0177570_22024299.jpg


さて、東京ドームシティへ~。


イルミネーションが美しい~。


手持ちでこれだけ写るんですから最近のデジカメは素晴らしいですね。


街路樹もイルミネーションのひとつに~。


文京区のホテル31階から遠く東京タワー(中央)を展望~。

さて、文京区移動運用はFT-70Dと430MHzの3エレ八木です。

ハンディ機の放熱を考慮して2.5WのQRP運用としました。

それでも、多くの方に呼んでいただきうれしい限りです。

千葉県我孫子市・柏市・八千代市、埼玉県川越市、神奈川県横浜市・川崎市、

東京都江戸川区・台東区・文京区など10局とQSOいただきました。


翌朝、東京の夜明けは早いですね~。


出張二日目も霞が関で仕事~、満員電車の洗礼を受けます。
d0177570_20503536.jpg
リクエストに応えて高層階を用意いただいた東京ドームホテルさん有難うございました。




by musenbiyori-0 | 2018-12-06 21:15 | アウトドア | Comments(2)

白石山の紅葉

行事があって休日出勤、近くへ行ったので山口市徳地の白石山へちょっと登って来ました。


登山口からますば大岩に寄り道、引谷地区が展望できます~。


黄葉の林~。


登山道に戻って、いつもの紅葉ポイント。




色づいてます。


カエデの赤が美しい~。


赤と緑のコラボです。




白石山山頂の手前にある展望所到着~、ここは標高五百メートル少々です。


徳地堀方面~。


風が冷たく、日が陰ると寒い~。


真田ヶ岳(中)、蕎麦ヶ岳(右)~。


2mと430で福岡県那賀川市移動局、山口市モービル局とQSO~。 


鉄塔のある防府市大平山(左)、瀬戸内海周防灘の向うには大分県の国東半島(右)~。


自然に敬意を表して、やらせはありません~。


下山後、中国自動車道の荷卸峠付近から白石山方面を望む~。


白石山の紅葉、今年もタイミングよく楽しめました~。



by musenbiyori-0 | 2018-11-27 19:10 | アウトドア | Comments(0)

亀尾山から勘十郎岳縦走

先週末の午後、山口市秋穂の亀尾山(大海山)から勘十郎岳を歩きました~。


千防川砂防公園からスタート、樹林帯にはヤブムラサキ~。


樹林帯を抜け尾根に出ると、大海湾への展望が開けます。


防府市方面にも展望は開けています。


尾根歩き、左手に勘十郎岳が姿を現します。


ズームで勘十郎岳の向うにはミニ八ヶ岳こと火の山連峰も見えます。


標高325メートルの大海山到着~、来るたびに標識が増えています。


山頂風景~、人気の山だがさすがに午後3時半をまわっているので貸切~。

FT-70Dにて2mでCQを出すと、防府市内モービルのおなじみさんから応答がありました。


防府新大橋(左)、大海湾(中)、小浜山(右)が展望できます。


時間がないので早々にQRTして勘十郎岳をめざして縦走路を歩く~、途中の中岳から亀尾山を展望。


東には防府市の楞厳寺山が美しい姿(中右)を見せています。


左手の尾根を歩いて来ました~。



標高246メートルの勘十郎岳本峰到着、東峰(右)を望む~。


火の山連峰、山口県セミナーパークを右手に見ながら下山します~。


椹野川河口方向、すでに日は西に傾いています~。


周回もできルートもたくさんある亀尾山から勘十郎岳歩きは低山ながら人気です~。





by musenbiyori-0 | 2018-11-14 22:51 | アウトドア | Comments(0)

徳島市眉山で移動運用

徳島市の阿波おどり会館へやってきました。


ここから眉山へのロープウェイに乗ります。


珍しい二連のロープウェイ~。


標高290メートルの眉山へ、歩かずして上がろうという魂胆~。


歩くと60分~、ロープウェイならわずか6分。


ロープウェイ山頂駅到着~。


マチアソビは、徳島を遊びつくそうというイベントとか~。


久しぶりの一等三角点、眉山山頂にありました。


吉野川や徳島市街が一望できます。


登山道もありましたが、さすがにスーツ姿では無理です。それでも東京の高尾山には行きました~(笑)


徳島駅周辺~。


山頂の賑わいを避けて、少し離れた場所にて2mと430にQRVしました。

FT-70Dとホイップアンテナで、

大阪府千早赤阪村、徳島市、板野郡などの各局とQSOできましたが、

時間もあまりないので短時間の運用となりました。










by musenbiyori-0 | 2018-11-12 22:42 | アウトドア | Comments(2)

紅葉の柿木村椛谷渓谷

またまた先週ネタで恐縮ながら、紅葉を楽しみに椛谷渓谷までドライブ~。


国道315号の周南市大潮から県道3号を北上。


周囲は色づいていて期待大~。


高度を上げながら県境へ近づく~。


小峰峠を越えるといよいよ島根県柿木村~。


椛谷渓谷もいい色になっています。


なかなか見られない光景、全山紅葉~。


さすが椛谷渓谷~!


来たかいがありました~。


このルート、山奥まで行かずして見事な紅葉が簡単に楽しめるのがいいですね。


時間に余裕があれば道端に車を置き、山々を眺めながら散策するのもよさそうです。


この日は午後に来ましたが、午前の光はまた違った表情を見せるはずです。


柿木村まで下りて来ました。


柿木村には素敵なカフェもあります。


「欅がるてん」さん。


ケヤキに囲まれた癒しのスペースです。


さて、帰りはこの青野山の麓から津和野で国道9号へ合流~、こちらは道も広く快適なルートです。


手軽に紅葉を楽しめる椛谷渓谷、おすすめなんですがただひとつ残念なのは~。

モービルでワッチ走行しても、なあ~んにも聞こえないこと!

山間部なのでしょーがないかぁ。





by musenbiyori-0 | 2018-11-10 23:58 | アウトドア | Comments(0)

十種ヶ峰でゆったり移動運用

すっかり秋色の山口市阿東の十種ヶ峰へ~。


マムシグサの実~。




高度を上げて行く~。


十種ヶ峰山頂、標高989メートル~。


山口県と島根県の山々で360度の大パノラマです。


眼下に紅葉~。


正面に島根県津和野町の青野山~。


紅葉している尾根筋の斜面は、春にヤマシャクヤクの大群生が見られます。


パラグライダーのメッカ~、頭上を通過。


徳佐盆地、向うには弟見山、莇ヶ岳など~。


さて今回は久しぶりに3エレを持参、北東ビームで日本海沿岸を狙います。
ただ、IC-207、5Ahシールドバッテリー、三脚なども合わせると腰にはこたえますね。
d0177570_19095307.jpg
2mで広島県庄原市、島根県浜田市、江津市、益田市、高知県土佐清水市など、
普段はつながりにくい各局さんとQSOできてもくろみどおり~。
d0177570_19125909.jpg
絶景と無線を満喫して下山~、麓から十種ヶ峰を展望しました。





by musenbiyori-0 | 2018-11-07 19:26 | アウトドア | Comments(0)

楞厳寺山でまったり移動運用

一週間以上も前のネタで恐縮ですが、防府市の山陽道佐波川SAの北にある定番の楞厳寺山へ~。


半分、赤い。


標高369メートルの楞厳寺山山頂からは大パノラマが開けていて、北方向は山また山~。


東方向、右田ヶ岳(左)と防府平野~。


手前の林はこの時点では色付き初め~。


防府市街~。


防府駅周辺をズーム~。


中関港、マツダの車両運搬船を望遠で~。


麓を通過する山陽新幹線のキティちゃん号~。


南方向、一級河川佐波川河口(左)と大海山(右)~。


モービルホイップとFTM-10S、リチウムイオン電池でQRVしました。

d0177570_19063369.jpg
福岡県豊前市、北九州市各局、山口市のおなじみさんなどとQSO~。
午後からのスタートで身近な定番の山歩きとなりましたが、
その分山頂でまったりと過ごせてよかったです。


by musenbiyori-0 | 2018-11-06 19:17 | アウトドア | Comments(0)

くじゅう黒岩山移動運用

黒岩山の紅葉のつづき~、山頂にて涌蓋山から阿蘇の展望です~。


山頂にて牧ノ戸峠で買った山賊むすびを絶景をおかずに美味しくいただき、
標高1506メートルからの移動運用はFT-70Dとホイップアンテナ~。

CQを出すと、佐賀県有田町、大分市、由布市、山口県下関市、光市からコールいただきました。
おなじみさんからもお声がけいただきましたが、最近は、折角の移動運用を楽しんでください、
と早々にファイナルを送られる方が多く、皆さんのお心遣いはうれしいものです~。

時間に余裕があれば、もっと多くのもっと遠くの局ともQSOできたと思います。
残念ですが、下山にかります~。
d0177570_07111067.jpg

おのずと素晴らしい景色を楽しみながらの下山となります。




リンドウもあちこちにたくさん咲いていました。


阿蘇方面~。


下りて来た黒岩山を振り返ります。


周りの紅葉~。


星生山(左)~。


ズームで見事な紅葉~。


牧ノ戸峠はすぐそこです。


さっきまでの静けさがうそように賑わう牧ノ戸峠~。


牧ノ戸峠のソフトクリーム~、半分紅葉(笑)。


長者原から歩いて牧ノ戸まで1時間ちょっとかかりましたが、帰りはバスで時間短縮を図ります。


車窓から大曲付近を撮影~、バスなら牧ノ戸から長者原まではわずか10分。


長者原でバスを下車したあとは、クールダウンを兼ねて再びタデ原湿原を周回~。


西日に照らされて美しい三俣山~。


ガスや通行止めで出遅れたが、黒岩山が絶景と紅葉で迎えてくれて大満足のトレッキング終了~!


追伸

「どうして皆さんここに来ないのでしょうか。」と前回書きましたが訂正します。

黒岩山はくじゅうには珍しい静かな癒される山でした。

みなさん来ないでください(笑)~。





by musenbiyori-0 | 2018-10-28 07:24 | アウトドア | Comments(0)

くじゅう黒岩山の紅葉

牧ノ戸峠からは、未踏の黒岩山へと向います~。


右手に三俣山が現れます。


ズームで紅葉を確認~。


三俣山(左)と星生山(右)のコラボ~。


左手には、阿蘇の根子岳など~。



この斜面を登りますが、ここから山頂は見えていません。



紅葉の斜面~。


いま来た牧ノ戸峠(中央)を振り返る~。


阿蘇もよく見えています。



色彩のグラデーションが美しい~。


星生山、扇ヶ鼻など~。


名残りのマツムシソウ~。


さらに高度をあげていきます~。


蒸気は八丁原地熱発電所方面~。



泉水山との分岐、ここまでくれば黒岩山はもうすぐです。


山頂目前~、岩上の男性で登山情報誌のような感じの画になりました。


そして黒岩山に到着~、標高1502メートルと、くじゅうの名峰よりやや低め。


三俣山から星生山までしっかり見えて、まさにくじゅうの展望台です。

くじゅう黒岩山からの眺望




この辺り、紅葉のベストタイミングと言ってもいいのではないでしょうか~。




狭い山頂は紅葉で覆われています。


くじゅうの名だたる山々と違い、紅葉シーズンにも関わらずとっても静かな山頂です。


星生山から扇ヶ鼻、赤い斜面が見えます。


手前に泉水山、遠く由布岳と鶴見岳(中央)~。


九重夢吊大橋が小さく見えます。


涌蓋山、雷雲と競争して下山した思いで深い山です。


大パノラマの絶景が広がる黒岩山、どうして皆さんここに来ないのでしょうか~。


山頂からの無線ネタは、次回につづく~。




by musenbiyori-0 | 2018-10-27 21:12 | アウトドア | Comments(0)