カテゴリ:未分類( 5 )

新しい萩焼

NHKの「イッピン」でも紹介された萩焼~。
d0177570_2125999.jpg

こちら、ぎゃらりい彩陶庵にてみせていただきました。
d0177570_21252382.jpg

この菊屋横丁(右手)にあります~。
d0177570_21253970.jpg

すぐ近くには高杉晋作誕生地もあります。
d0177570_21255563.jpg

豪商菊屋のお屋敷~。
d0177570_2126679.jpg

で、なかなかいい感じのティーカップ、気が付いたら買っていました~。
d0177570_21262974.jpg

カップをのけると、皿にもカラフルな模様が施されています。
d0177570_21264467.jpg

伝統の萩焼、モダンに進化しています~。
by musenbiyori-0 | 2017-03-13 18:24 | Comments(0)

天神やまと天神さま

恒例の防府の天神さまの初詣のまえに、恒例?の天神やまへ初詣~。
で、菅原道真公の御霊が降臨されたといわれる神聖な天神山山頂と三角点。
d0177570_23165068.jpg

右田ヶ岳が近い~!
d0177570_2317199.jpg

鉄道ファンには絶好の撮影ポイントか~?
d0177570_23171250.jpg

南に防府市街と瀬戸内海~。
d0177570_23173078.jpg

南東に遠く祝島~。
d0177570_23174491.jpg

南西に光る瀬戸内海~。
d0177570_2317557.jpg

眼下に防府天満宮(左下の矢印)~。
中央は桑山、大河ドラマ「花燃ゆ」の「文」は、ここに夫、楫取素彦とともに眠っています~。
d0177570_2318659.jpg

北に矢筈ヶ岳(右)~。
d0177570_23181910.jpg

東は眼下に防府競輪、大平山(左)~。
d0177570_23183733.jpg

花崗岩の山頂から望遠で大平山~、もちろん山頂で御霊にはお祈りしました。
d0177570_23185241.jpg


下山後、先ほど登ってきた天神山山頂(矢印)を望む~。
d0177570_231981.jpg

やはり当然ながら本殿にも参拝~。
d0177570_23193196.jpg

この参道、いつ来ても趣きがあっていいですね~。
d0177570_23195183.jpg

「花燃ゆ」の幕末には宮市天満宮と言われていたそうです。
d0177570_23201369.jpg

なお、山頂では2mで長崎県諫早市移動局が聞こえQSO、当方ホイップに2.5Wでした~。

しかし、右の「記事ランキング」でみると昨年も同じことしてました~!
進歩なしっ!どころか、昨年よりもアンテナが退化っ~(*_*;
by musenbiyori-0 | 2015-01-17 23:32 | Comments(3)

夏おすすめ西登山口から深入山

夏おすすめシリーズ?第二弾は広島県は芸北の深入山~。
南登山口からが一般的な深入山ですが、夏おすすめは西登山口からのルート、
こちら周回コースとしてよく使われている林間ルートです~。
d0177570_18401639.jpg

草原の深入山、南登山口や東登山口からは当然ながらお陽さまにバッチリ照らされます~。
夏には厳しいかと思いきや、西登山口からならルートの半分以上はコナラなどの樹林帯です。
d0177570_18403776.jpg

自然豊かで快適な大好きなルートですが、なぜか歩く人が少ないんです~。
こちら林間コース南登山口との分岐、向こうの稜線が南登山口から山頂ルート、日差しが暑そう~!
d0177570_1843421.jpg

一方、林間ルートは木漏れ日の快適な登山道~。
d0177570_18442619.jpg

ササあり、クヌギあり、ブナもあったりします~。
d0177570_18444417.jpg

このルートイチオシの絶景ポイント八畳岩。
どこからともなく現れたワンちゃんも、ワン!ダフルと言ってたような~?
d0177570_18451348.jpg

さて、山頂が見えると樹林帯とはおさらばで、いよいよ直射日光の洗礼が~。
d0177570_18525434.jpg

そして、深入山山頂にたどりつきましたが、とりあえず通過して南登山口方向へ少し下り、
見はらし岩で休憩、冷たいコーヒーを飲んでしばしまったり~。
恐羅漢山方面の展望とギボウシ、草原の山は夏の花が盛りです。
d0177570_18531512.jpg

休憩後は、登ってこられた皆さんのあとを再び山頂へ向かいます~。
d0177570_185330100.jpg

さて頂上!あつーい山頂、かと思いきや、風も吹いて意外にも快適~っ!
まあ、標高1153メートルですから、単純計算でも平地より6~7度は気温低いはず~。
d0177570_18541364.jpg

歩いてきた林間ルートや聖湖(左)を展望~。
d0177570_18535689.jpg

掛頭山、そして右手遠くに雲月山も見えてます。
ちなみに、看板に表示された山々のうちまだ半分しか登ってません~。
d0177570_18543614.jpg

さて、南登山口へ下山したい衝動にかられつつも、当初計画どおり熱中症予防のため、
登ってきた林間ルートで西登山口へ下山~。
その後、これまた熱中症予防のため山頂での食事はなし、南登山口へ車で移動し、
おふくろ弁当の紅葉さんで昼食~。

昼食後、腹ごなしに南登山口から登山道を少し登ってみると、林間ルートには無かった花も咲いてました。
そんな、深入山の夏の花の数々~、そして無線ネタは、つづく。
by musenbiyori-0 | 2013-07-26 19:24 | Comments(0)

錦鶏の滝から東鳳翩山へ

東鳳翩山(ひがしほうべんざん)へは二ツ堂からのルートが一般的ですが、
この度は錦鶏の滝からのルートをチョイスしてみました。

駐車場から右手は参勤交代の萩往還道、左手の錦鶏川に沿ってまず滝をめざす~。
d0177570_2234154.jpg

錦鶏の滝、見事な雄滝の右手が登山口です~。
d0177570_2234209.jpg

安全祈願してスタート~。
d0177570_22343778.jpg

登山道は谷を横切りながら、大小の滝を横目に見て登っていきます。
d0177570_22345083.jpg

暗い杉林が続きますが、晴天の日には直射日光を浴びず楽ですね~。
d0177570_2312233.jpg

二ツ堂ルートと合流し、板堂峠ルートと合流後は、木段に~。
d0177570_22351386.jpg

ヒメハギ~。
d0177570_22353051.jpg

ツツジが咲き誇っています。(あいかわらずの1週間前ネタですが~)
d0177570_22354316.jpg

山頂が見えてきました~。
d0177570_2236365.jpg

無線ネタはつづく~。
by musenbiyori-0 | 2013-05-24 22:58 | Comments(2)

クリップ基台

基台シリーズ第二弾、山頂移動用に目玉クリップで基台を作製。
文具の目玉クリップとジャンクの基台をビス止めしたものですが、
この基台のミソは、枝に合わせ蝶ネジでアンテナの角度を調整できることです。

d0177570_22415938.jpg


試験運用に山口市と萩市との市境にある東鳳翩山へやってきました。
運用場所は山頂から西側地点、尾根筋から萩市側の木にアンテナを固定。
このあたりは標高700メートル程度と思われます。

ノンラジアルのモービルホイップとハンディ5WのVX-7でCQCQ~。
短時間運用でしたが、2mで福岡市西区(百キロ超)の方、430で宇部市モービルのおなじみさんとQSO。

d0177570_22422248.jpg


     運用場所から山頂を望む
d0177570_22424970.jpg


     東鳳翩山山頂
d0177570_2243080.jpg


             山頂から直下の運用場所を望む
d0177570_22431535.jpg


試験運用の結果、木への固定には、エアクッションを巻いた方がいいかなとの反省点はあったものの、
おおむね実用に問題なさそうな感じ~。
さて、次はどこの山からQRVしますか・・・・!
by musenbiyori-0 | 2010-12-08 23:13 | Comments(2)