快晴の火の山で運用

さて、標高303メートルの火の山山頂へ到着しました。


山頂からは、椹野川河口から瀬戸内海へとつながる絶景が広がっています。


周防大橋ときららドーム。


ズーム~。


西には相原山、御伊勢山、雨乞山などが連なってます。


御伊勢山の向うには遠く下関の山々などなど~。


ズームで遠く関門橋(中)方面~。


新山口駅方面~。


   ズームで先日の↓荒滝山がひょっこりのぞいています。また茶色い秋吉台の草原↓も見えます。


新山口駅周辺と禅定寺山(左)~。


気持ちいい快晴、珍しく遠くまでよく見渡せます。


岩かげで展望を楽しみながら、移動運用を楽しみます~。


亀山そして瀬戸内海の向うには九州の山々の連なり、その山の上には雲が連なっています。

d0177570_21314892.jpg
2mと430で福岡県八女市・三井郡・遠賀郡、愛媛県松山市、

県内は下関市・山陽小野田市・熊毛郡の各局さんとQSO~。

リグはFTM-10S、アンテナは画像の2.4mHモービルwhipです。


そして、昼前には風も出て薄雲が広がってきました。さすがに寒いです~。


午後からの予定もあったので正午前には下山にかかりました。


人気の火の山は縦走する登山者で賑わってますが、山頂直下の岩かげでは気兼ねなく運用できました~。



# by musenbiyori-0 | 2019-02-14 21:50 | アウトドア | Comments(0)

火の山をのぼる

三連休初日は雨、最終日の予報もイマイチで、日曜日しかない!と火の山へ。



山口市の県セミナーパーク駐車場から亀山を左に見ながら、右の火の山へ向う。


山へ入ると緩やかで日本庭園のような登山道~、右田ヶ岳塚原コースを彷彿させます。


登るにつれて次第に小さくなるセミナーパーク(左)、瀬戸内海(右)も見えてきます。


瀬戸内海の竹島(中)、そそり立つのは隣りの亀山(右)~。


なかなか当たらない天気予報が久しぶりに当たり快晴~、これからもその調子でお願いします。


花ヶ岳と楞厳寺山(右)~。


魚切山(左)~。


眼下に山口県消防学校(左)、県セミナーパーク(右)の全容が見渡せます。


遠く、防府市や向島(右)~。


隣りの陶ヶ岳(左)と遠くに西鳳翩山、右に魚切山とその左に東鳳翩山~。


登山道は次第に急登となります~。


そして尾根で、亀山から陶ヶ岳への縦走路へと合流します。


陶ヶ岳などの全容~。


ズームで花崗岩だらけの陶ヶ岳~。


瀬戸内海と亀山~。


亀山と椹野川河口~。


火の山頂上まですぐそこのところまで来ました~、つづく。



# by musenbiyori-0 | 2019-02-12 22:22 | アウトドア | Comments(2)

梅と五重塔

気がつけば節分、立春、そして梅のシーズンに~。


山口市香山公園にある国宝瑠璃光寺五重塔~。


六百年以上も前から季節のうつろいの中、整然と佇んでいます。


紅、桃、白の梅も咲き初めました~。










天気のいい日は、春を感じに訪れてみられてはいかがでしょう~。




# by musenbiyori-0 | 2019-02-11 10:15 | やまぐち | Comments(0)

曇天の荒滝山で運用

晴れマークに降水確率0%、という予報で宇部市の荒滝山(中右)へ向いました。


曇天ながら、そのうち晴れると信じて登山口駐車場をスタートします。


久しぶりの荒滝山、マップを確認せず来てしまって登山口が分からずやっと駐車場までたどり着き反省~!


宇部市から瀬戸内海方面~。


山頂直下はところどころに残雪、かつての村長さんが村を眺めています。


標高459メートルの山頂、中世には山城があったので県指定史跡としてきれいに管理されてます。


広い山頂からは360度の展望、山口県央部の名だたる山が見渡せますが曇天で眺望イマイチ~。


北は、茶色い草原の秋吉台~。


南は宇部市吉部地区~。


山陽小野田市の竜王山(右)を展望~。


平原岳(左)~。


ズームで山口市阿知須のきららドーム(中)と日の山(中右)~。


2mと430で愛媛県伊予市、大分市、北九州市、山陽小野田市や山口市など各局とQSO~。

愛媛マラソンコンテスト中で、サブチャンネルも5エリアの局で賑やかでした。

リグはFTM-10S、2mHのモービルホイップです。

d0177570_17321125.jpg

バッテリーについてQSO中に質問がありましたが、次の画像です。

詳しくはこちらでどうぞ
d0177570_17331010.jpg
10Wで2時間近く運用しましたがまだ大丈夫でした。

ところで天気予報どおりの晴天は、ほんの数分間のみでした。(明治天皇像です。)


それにしても、晴天の予報を信じて厚手のジャンバーはおいて来たため寒いさむい~!


バッテリーが無くなるまでQRVする予定でしたが、寒さに負けて下山しました。

天気予報、なかなか当たりませんねぇ~( ;∀;)。









# by musenbiyori-0 | 2019-02-03 17:47 | アウトドア | Comments(0)

トリオTR-7300

休日、いつもお世話になっている防府市のハムショップさんへ~。
d0177570_22361074.jpg
そこにあったのは古いパソコン~、ではなくトリオのTR-2300です。
d0177570_22360276.jpg
このリグ、2mFMの固定機でずらっと並んだボタンはチャンネル切り替え用です。
当時のFMはワイドな40KHzセパレーションだったので、
チャンネルも145.00MHzの次は145.04、145.08、145.12となっています。

開局当時、親に買ってもらったTR-2200Gなどは、
実装チャンネルが3つしかなくメインch1つ、サブch2つでした。
今では考えられませんが、これ以外の周波数(チャンネル)は、
受信することも送信もできません。

2mが賑やかだった当時は、当然サブチャンネルが足らず、
小遣いを貯めては水晶(チャンネル)を買いに走ったものでした。
当時が懐かしい~、むかしばなしでした。




# by musenbiyori-0 | 2019-01-30 23:03 | ラグチュー | Comments(0)