<< 無線日和より掃除日和 クリスマス発祥の地からQRV >>

火ノ山連峰火ノ山

火ノ山連峰陶ヶ岳を後にして縦走路へ、まずは一つ目のピーク、陶一の岳を通過~。
d0177570_23164414.jpg

目前に、これから歩いて行くピークが現れる~。
d0177570_2317138.jpg

ふり返ると、陶ヶ岳(右)と一の岳(左)~。
d0177570_23171122.jpg

垂直の壁の陶ヶ岳をズーム~。
d0177570_23172789.jpg

新山口駅方面を望む~。
d0177570_23174791.jpg

季節外れのツツジ~。
d0177570_23175719.jpg

陶二の岳を通過、山口と防府の市境、長沢池などの展望~。
d0177570_2324786.jpg

ふり返ると、二の岳からの急斜面(右)、滑る真砂土の下山路をよく降りてきたもんです。
d0177570_23182696.jpg

そして陶三の岳を通過、歩いて来た陶ヶ岳などを展望するとなにやら遠くの雲行きが怪しい~。
d0177570_23321974.jpg

で、標高303メートルの火の山へ到着~。
d0177570_23201413.jpg

眼下の名田島地区~。
d0177570_23203725.jpg

この夏、世界からスカウトたちが集ったきらら浜きららドームと、周防大橋を展望~。
d0177570_23205380.jpg

新山口駅方面の街並み、その上の茶色い草原は秋吉台~。そして、なにやら怪しい雲行き。
d0177570_2322832.jpg

2mで数回CQを出したものの、空が真っ黒になりまさかの雨が降り出してしまいました~!
あわててセミナーパークへと下山したんですが、このとおりの青空に~!!
d0177570_23233224.jpg

以上、この度の火ノ山連峰の縦走は陶ヶ岳(右)から火ノ山(左)までで幕切れです。
d0177570_23234585.jpg

しかし、まさかの雨にはやられました。しかも、たまたま雨具を忘れた時に限ってこんなことに~!
by musenbiyori-0 | 2015-12-26 23:33 | アウトドア | Comments(0)
<< 無線日和より掃除日和 クリスマス発祥の地からQRV >>