絶景のとおの山で運用

以前から気になっていた周南市のとおの山へ~。


山陽道徳山東ICより西へ1キロの側道空地へ車を置いてスタート。


案内はしっかりしていて迷うことはありません。


ただ、小さな山なのでそれなりに急な登山道~。


地元の方の愛着心を感じる山頂~。


見晴らし台や電灯とともに、トイレまであってビックリです~。


見晴らし台から~。


徳山湾と周辺の島々~。


太華山、粭島、馬島、大津島、黒髪島~、遠くには野島か。


新南陽方面~。


工場群をズーム~。


いつも登る太華山を逆に展望~。


笠戸島(左)と太華山(右)、下松と徳山など~。


標高290メートルの山頂からFT-70DとホイップANTでQRV~。

柳井市、下松市、周南市、大分県中津市など各局とQSOしましたが、

約1時間半でバッテリー切れにてQRT。

近くにあったら毎週でも登りたい~、

気軽に絶景が楽しめてのんびり無線もできる、いい山でした!


更新を通知する





# by musenbiyori-0 | 2019-01-24 22:10 | アウトドア | Comments(1)

秋吉台展望所からQRV

秋吉台ウォーキング後は車で美東展望所へ移動~、さっきまでいた冠山(左)が見えます。


長者ヶ森(中央)を望む高台です。


左右に走るのは秋吉台カルストロード~。


カップコーヒー片手にまったり、西の西山、お鉢山も見えます。


冠山のリベンジでFT-857とモービルホイップにてCQを出しました。


2mで福岡県飯塚市と山陽小野田市の固定局、430で山口市のおなじみさんとQSO~。


そうこうするうちに日は傾き、秋吉台の草原も紅く染まりました。


しかし、日は山の上にある雲の中へ沈んでしまいました~。


帰路は鹿の親子?がお見送り~。

歩いても、眺めても癒される秋吉台、おまけの移動運用もどうぞ~。












# by musenbiyori-0 | 2019-01-20 19:13 | アウトドア | Comments(0)

冬の秋吉台ウォーク

天気に恵まれた連休、秋吉台へ向かうと、目前にのどかな風景が現れました~。


こっちまで気分はのぉーんびり~。


さて、長者ヶ森の手前に車を置いて冬の秋吉台ウォーキングスタート~。


広々とした風景、青空と白い雲に癒されますね~。


2月の山焼き後は、茶色い草原は真っ黒な台地へと変わるので今がチャンス~。


絶好のウォーキング日和、いのちの洗濯ができます。


手前にドーリーネ、遠く荒滝山(左)、西の西山(右)~。


快適に歩けます~。


奥に冠山~。


ここにはかつて良悟松があったようです~。


良悟松から冠山へのルートを予定してましたが、とりあえず先にある峠まで行ってみることに~。


峠からさらに先へと中国自然歩道は続いていました~。


地獄台方面~。


自然のモニュメント~。


さて、ここでUターンです~。


冠山(右)へと向かいます~。


北山方面の展望~。


標高377メートルの冠山へ到着~、しかし吹きっさらしで寒い。


地獄台を展望~。


風を避けて近くの展望地へ移動、ハンディ機にて2mと430でCQを出しましたが~、空振り。


長者ヶ森(左)と穴ぼこドリーネを展望~。


遠く秋吉台カルストロード(中央)を望みながら下山~。


寒くなってきたので少し物足りませんが帰ることにしました。

適度にアップダウンがあって軽く体に負荷がかかること、

気候や時間などに合わせてコース採りが自由自在なことなどが魅力の秋吉台ウォーク~。

歩行時間約1時間半、距離5キロ弱でしたが、秋吉台は歩く者を優しく癒してくれました。






# by musenbiyori-0 | 2019-01-16 23:00 | やまぐち | Comments(0)

どんど焼き

ことしのどんど焼きは地域広報誌をみて、櫻木神社へお参りしました。


山口市大内地域を見渡す高台、初詣には来てますがどんど焼きは初めて~。


ぜんざいの接待や、子どもにはフライドポテトもありました。


ふつうは高齢の方がお世話をされていますが、ここは地元の若者たちが頑張っています。


この御時勢に青年団とは素晴らしい~!


接待のぜんざい、白玉はあっさりしていて美味ですね~、しかものどに詰まることもない(笑)


がん封じ祈願もしました~、拍手(かしわで)!


西鳳翩山(左)、東鳳翩山(右)ともに山頂は雲の中~。


こんな住宅地に青年団とは~、茅野神田青年団に拍手(はくしゅ)!






# by musenbiyori-0 | 2019-01-14 00:13 | ラグチュー | Comments(0)

小浜山とあいお荘でQRV

お正月に歩いた串山遊歩道から見えた小浜山~、おいでおいで!をしていたので行ってみました。


お寺からは30分もかからずして、標高181メートルの小浜山頂上に到着します。


西に正月3日に歩いた串山遊歩道のある串山連峰(右から右端)が見えます。


大海山(右)の向うは火の山連峰(中央)~。


正面に山口市秋穂の大海湾と大海山を展望~。


霞んでいて楞厳寺山(左)がやっと見えます。佐波川河口に架かる防府新大橋も霞んでます。


東は防府市西浦のマツダの自動車工場(左)など~、霞んでいて絶景とは言えません。


南側直下は瀬戸内海、6エリアへのロケ―ションはバッチリです。


IC-207とwhipアンテナで2mと430にQRV~。

d0177570_19130714.jpg
愛媛県宇和島市、大分県杵築市、福岡県遠賀町のほか、県内の下関市、周南市など
各局とQSOしましたが5Ahのバッテリーは約1.5時間でダウンして撤収~。

そのあと、近くの国民宿舎あいお荘へ夕日を見に立ち寄りました。



はて、この斜めのスジのようなものは~?




午後5時7分、お日さまは雲の中へと沈んでいったのでFT-857とwhipでモービルからQRV。

福岡県飯塚市、北九州市、下関市、光市など各局とQSOして閉局しました。







# by musenbiyori-0 | 2019-01-08 19:34 | アウトドア | Comments(2)