人気ブログランキング |

平尾台の大平山

北九州市小倉南区の平尾台へ久しぶりにやってきました~。


吹上峠駐車場からスタート、大平山をめざします。


晴天のはずだったんですが、青空は少ししかなく全体的には薄曇り~。


それでも、大勢の人が登っています。


走って登る人もいますが、まあとても真似はできませんね~。


秋吉台と違って、まあるい石灰岩が平尾台の特長です。


それは羊の群れに例えられています。


まあるくなったのはマグマの影響~、だったかな?


高度をあげると広く平尾台が展望できます。


アッ、という間に駆け抜けていく人~。


山頂が見えてきました。


標高586メートルの大平山(おおへらやま)、ちなみに秋吉台の最高地点は425メートルです。


スタートした吹上峠方面を展望~。


山頂からは平尾台を見渡す大パノラマが開けています。


尖った石灰岩の秋吉台ではありえない、まあるい石灰岩に腰を下ろしてFT-70DでCQ~。

しかし、2mも430も久しぶりの空振りです。



遠くバグライダー、実は景色を眺めながらのんびりコーヒーでもと思っていましたが~。


あまりにも風が冷たく寒いので早々に撤収することにしました。上空の皆さんは大丈夫~?


景色を見ながらの下山です。


このあと行く予定の小倉市街地方面です。


2月に山焼きがあったのは秋吉台と同じです。


吹上峠から車で平尾台自然の郷へ移動、平尾台を展望~。


左からの尾根を歩いて中央が大平山です。


案内所スタッフの方に平尾台の話しを聞きました。平成の終わりと令和の初めに記念のツアーが~。


空き缶による飛行機、うまく作ってありますね~。


ところで、この時期平尾台ではヒトリシズカ最盛期~。


多くは石灰岩の岩陰にあって、ひとりしずか?に咲いています。



ひとりしずかというより大勢で賑やかな感じです~。


ホタルカズラもあちこち群生していました。


ヒトリシズカもホタルカズラも秋吉台より見事な群生で、

オキナグサも探してみましたが、見つけることはできませんでした。


やはりアウェイの地では、なかなか思いどおりに花を見つけることはできません。


〇〇ボクチ?、これは秋吉台ではあまり見かけませんね~。


秋吉台と同じカルスト台地ですが、いろいろ違って面白いですね。






# by musenbiyori-0 | 2019-04-17 21:33 | アウトドア | Comments(0)

秋穂草山の桜と移動運用

山口市でも徳佐から50キロ以上南の秋穂草山へ~。


草山は山口市南部を代表する桜の名所。


おやっ、キツネのようなイヌ?


イヌのようなキツネ!?


自然が豊かな草山です~。




静かに花見ができるのがいいです~。




野鳥の楽園~。






草山埼灯台は標高116メートルのこの山の上にあります。












春を感じるあたたかい色合いです。


あまりに気持ち良すぎて睡魔が襲ってきます。




さて、草山埼灯台広場に上がって来ました~。


草山埼灯台は瀬戸内海を照らしています。


広場から国民宿舎あいお荘(右)を展望しつつ、左手のベンチで移動運用~。


FT-7ODとwhipアンテナにて、

熊本県南阿蘇村移動局をはじめ、福岡県嘉麻市、

大分県豊後高田市・宇佐市など各局さんとQSOできました。

また、長崎コンテストの長崎県内局も何局か聞こえていました。


ところで山口市徳佐と秋穂は50キロ以上も離れ、昔は開花時期も違っていたような気がしますが~。


今年などは、ほとんど開花時期に違いはないように感じました。


これも地球温暖化の影響かとつい思ってしまいますね~。


それぞれの場所で、賑やかだったり静かだったりの花見を楽しみました。

いずれにしても、春は桜!これって日本人のDNAですね~。








# by musenbiyori-0 | 2019-04-13 23:59 | アウトドア | Comments(0)

阿東神角のしだれ桜

徳佐八幡宮から近くにあるカフェノブさんでいっぷくです。


丁度満席でしたが、ここの美味しいコーヒーが飲みたくて庭を散策しながら待ちます。


庭には今年初見のつくしがあちこちに~。


さて、清楚なこの白い花は~?


透明感ある白がとてもきれいです。


あとでカフェの方に聞いて花桃と分かりました。


しばらくで案内がありカフェへ。


花に囲まれたカフェです。


裏山には木々が~。


カフェの中から、ここでもお花見ができました。




ネルドリップで丁寧にいれられた美味しい東京の堀口珈琲をいただいたあと、

十種ヶ峰の麓にある神角地区へ。



しだれ桜と十種ヶ峰のコラボ~。




十種ヶ峰とハングライダーのコラボ~。


今シーズンは何回、十種ヶ峰に登れるでしょうか。


三年ぶりのしだれ桜です。









こちらは、しだれ桜二世です。


このおもしろい花は?


思わず撮ってました。


十種ヶ峰を望むここはヤマシャクヤクルート登山口、例年ゴールデンウィークには大変な賑わいです。


さて、帰路の道ばたに~。


キジくんが見送りに来ました。


山口市阿東の桜、タイミングよく花見ができて満喫しました~。




# by musenbiyori-0 | 2019-04-10 22:22 | やまぐち | Comments(0)

徳佐八幡宮の桜

お花見に山口市阿東の徳佐八幡宮へ~。


徳佐八幡宮参道は賑わっています~。


絶好の花見日和です。


そして花見には絶好のタイミングです。




津和野の青野山(左)を遠くに~。



こぶし咲く~。





ピンクのしだれ桜~。







桜といっても種類もいろいろ~。



色も白からピンクまでいろいろ~。





郷土の名峰十種ヶ峰(左)、圧倒的な存在感です。


十種ヶ峰と書いてとくさがみね、今シーズンもまた山頂から移動運用します~。


十種ヶ峰とコラボする桜~。


徳佐八幡宮のしだれ桜の御朱印はこちら~。

この時期ならではの御朱印で、いとをかし~。




# by musenbiyori-0 | 2019-04-08 21:38 | やまぐち | Comments(2)

高松市屋島で移動運用

徳島からの帰り~、車窓から四国八十八か所の標識を見つけました。


昼前から雨との予報で早めに帰宅しようと思っていましたが、やはり折角来た四国~!


源平合戦の屋島駅で途中下車、山口県にも壇ノ浦がありますがその前のことです。


駅から正面に屋島を望む~。


JR屋島駅から屋島へはシャトルバスで百円というお手頃価格~。


バスは標高300メートルの山の上まで上がって行きます。


バス終点から屋島寺はすぐです。


四国霊場八十四番の屋島寺~。


鑑真和上による開基~。



あいにくの天候で、絶景スポットもこのとおり残念な眺望です。


山頂三角点へ行きたいところですが~。


とりあえず西尾根へ。


高松方面~。


天候はかなりヤバくなってきました。


急いで三角点へ向かうことに~。


しかし、歩いていると途中で雨が降り出したので三角点は断念~。


東屋へ避難しハンディ機で声を出すと、高松市と小豆島からお声がけいただきました。

しかし、本降りとなって東屋では雨をしのげなくなったのでやむなく撤収~。


屋島寺の御朱印はいただきました。


これで四国霊場、残りあと八十七か所~!









# by musenbiyori-0 | 2019-04-07 19:25 | アウトドア | Comments(2)